LIVMOA®CL

製品情報

発塵に対するデリケートさが必要になるクリーンルームに最適。
セパレートタイプの採用により着やすさも実現。

適した業種・作業:再生医療、バイオ医薬、製薬、医療機器製造、化粧品製造、研究・ラボ、無菌状態のクリーンエリアでの作業など

公共財団法人神戸医療産業都市推進機構(FBRI)協力の下、再生医療分野に適した滅菌タイプ無塵衣を開発。LIVMOA® CLは今までの無塵衣にはない4つの特徴を持っています。

着衣例

生地の低発塵性

不織布素材使用でありながら、発塵性は他社製品に比べ最大98%低減しました。

ゴミやホコリ・細菌まで、あらゆるミクロの汚れをキャッチするトレミクロン®を生地の一部として使用することで、周囲や無塵衣内からの浮遊固体粉塵を吸着

低発塵性の比較実験

グラフ:低発塵性の比較実験

試験手順

  • 試料となる各滅菌服を試験機に投入
  • 運転開始後30秒後から発塵数をカウント
  • 1分間ずつ計5回連続測定し、最大・最小を除いた残りの平均値を発塵数とする

評価条件(社内法)

  1. ①試験方法:JIS B 9923 ダンブリング法
  2. ②試験環境:クリーンルーム内(クラス100)

着用しやすい上下セパレート仕様

使用している生地自体の発塵性が低いため、上下セパレート展開が可能。

さらに塵の付着を少なくするため、上着の裾とズボンの腰回りは裏面を折り返した状態で包装。
表面への接触がほとんどなく着衣可能で衛生的。

上着
上着
ズボン
ズボン

ファスナーがついていないので、生地に触れる機会が少なく着やすい。

着衣例

通気性

東レのトレミクロン®を採用した多層構造素材はきわめて優れた通気性を備えています!

プラスチック円筒上に素材を貼って下から送風し、素材の通気性を確認した実験です。
リブモア®は筒の中の発泡スチロール球が大きく浮き上がっていますが、他社防護素材ではほとんど通気が見られません。

生地の通気性比較実験

グラフ:生地の通気性比較実験

生地の防塵性比較実験

グラフ:生地の防塵性比較実験

優れた快適性

様々な環境下で、長時間着用しても快適性が持続します。

衣服内温度の比較実験(N=3の平均結果)

グラフ:衣服内温度の比較実験(N=3の平均結果)

衣服内相対湿度の比較実験(N=3の平均結果)

グラフ:衣服内相対湿度の比較実験(N=3の平均結果)

運動①:踏み台昇降10分(15歩/10s)・風無し / 運動②:踏み台昇降10分(15歩/s)・風有り(1m/s)

サーモグラフ比較(*試験80分後、体表面温度)

グラフ:サーモグラフ比較(*試験80分後、体表面温度)

試験方法

  1. 評価試料 ①LIVMOA CL ②A社品
  2. 試験設備 恒温恒湿室
  3. 環境温湿度 21°C/50%RH
  4. ウェアリング インナー(AIRism)/一次更衣/マスク/ゴム手袋/シューズカバー/腕カバー
  5. 評価機器
    • 温湿度計(おんどどりTR-72wf、センサー SHA-3151 T&D)
    • サーモカメラ(R300 NEC/Avio)

動作条件

動作条件

販売元

■サンリッチモード株式会社 リブモア事業部
 〒101-0032
 東京都千代田区岩本町1-7-1 瀬木ビル5F
 TEL:03-5821-3391

ご注意

1.廃棄について

LIVMOA®CLは、産業廃棄物として廃棄するか焼却してください。ただし、汚染状況によっては廃棄方法に制限が生じます。国又は地方自治体の定める法規制・基準・ガイドライン等にしたがってください。

2.ご注意

仕様及び外観は、予告なく変更されることがありますので、ご了承ください。
本サイトに記載してある事項、技術上のデータ並びに推奨は、すべて当社の信頼している実験に基いていますが、その正確性若しくは完全性について保証するものではありません。当社は、この情報に起因するいかなる結果に対する保証、義務、責任を負うものではありません。使用者は使用に先立って製品が自己の用途に適合するか否かを判断し、それに伴う危険と責任のすべてを負うものとします。
売主及び製造者の義務は、不良であることが証明された製品を取り替えることに限定され、それ以外の責任は負いません。本書に記載されていない事項については、当社は一切の責任を負いません。

3.取り扱い説明について

本品の使用にあたっては、製品のパッケージへの記載事項を十分にご理解の上、正しくご使用ください。

4.その他

カタログと実際の製品の色とは、印刷の関係で多少異なる場合があります。
LIVMOA®CL(リブモア®CL)はリミテッドユーズ(限定使用)です。繰り返し利用、洗濯には対応しておりません。